NOBU-log

無職で長野から上京し、日々の経験を記したブログです。

副業にパーソナルトレーナーをオススメする4つの理由

パーソナルジム


はじめに

ワークスタイルの多様化が進み、本業を持ちながらパラレルワークで働くというスタイ

ルが現代では広まっています。

「好きなことを仕事にする」そんな働き方が今は現実味が帯びています。

 

労働寿命が延び、企業寿命が短くなるという予測が出ている中、

稼ぐ軸を複数持っているということは、これからの時代を生きていく上では、

必要なことなのかもしれません。

 

いま、副業を何か探している。

そんな方に、本日はパーソナルトレーナーを副業にすることについての、

相性の良さをお伝えできればと思います。

 

趣味の延長線上でできる

何か新しいことを始める上で私が羨ましいな、と思える感情があります。

それは、それがどれだけ「夢中」になれることなのか。

まるで遊びのように趣味の延長線上に仕事がある、このモチベーションに勝るものは他にないと思っています。

 

パーソナルトレーナーという職業はこのモチベーションが作られやすい

職業でもあるのではないかと思います。

 

なぜなら、トレーニングというものはそもそも夢中になりやすいものだから。

 

個人的な見解になりますが、「夢中」になるための引き金の一つに、

『成功体験』というものがあると思います。

 

この成功体験は、トレーニングではわかりやすく反映され、

目にみえて感じることができます。

 

トレーニング(努力)がわかりやすく体の変化(成果)としてみえるからです。

これがトレーニングに夢中になる人が多い所以の一つだと思います。

 

また、トレーニングというものは私たちの生活の非常に近くに存在するものでも

あって、手軽に始めることもできます。

 

もしそこで、自身の体に変化が出すことができたのであれば、それはきっと素質。

その成功体験を誰かに教えてあげる、それだけでも社会的価値は高いと思いますし、

そんな知識を求めている人はたくさんいると思います。

 

特別な資格は必要ない

厳密にはトレーナーとしての資格はたくさんありますが、トレーナーとして活動する上でないといけない資格は存在しません。

 

「トレーナーです」と宣言すれば、誰でもトレーナーになれる事ができます。

 

資格について調べてみると様々なものが出てきて、こういった資格をとることによって知識だったり、自信に繋がるかもしれませんが、

 

知識をつけることと、稼ぐということはイコールではありません。

 

私個人の意見としては、パーソナルトレーナーの数が増えているいま、

知識以上に、どう独自性を出してこの市場を生き抜いていくのかというビジネス力の方がよっぽど必要になってくると思います。

その上で、どんな知識が必要なのかを逆算した方がよっぽど効率的です。

 

一般のユーザーからしたら、トレーナーとしての資格をプロフィールに羅列されたところでなんのこっちゃわかりません。

 

大切なのは戦い方です。

技術はあくまでも手段、大切なのはお客様の悩みに対してどれだけ、どれだけ満足してもらえるサービスを提供できるかです。

  

ランニングコストを最小限に抑える方法

自分の店舗を持たないと活動できないのか?

いまは決してそんなことありません。

むしろ、今回のコロナのような件もあり、

賃貸テナントで運営をするリスクを私も肌身で痛感しています。

 

都内を中心に、レンタルジムが非常に増えています。

利用料もリーズナブルな施設も多いため、自分でテナントを借りて運営をはじめるよりもリスクを軽減してスタートアップさせることが可能です。そして、この方法は何かあった時のリスクヘッジにもなるわけです。

 

施設によっては、自身のジムの活動場所として住所を貸してくれるところもあります。

ちなみに、わたしが運営しているパーソナルジムも年間200名以上のレンタル利用者がいますが、住所などは自由に使ってもらってます。

せっかくなのでURLを貼り付けておきます。

 

●PREMIUM LIFE FITNESS東銀座店

http://plf-shintomi.s-databank.com/

 

●PREMIUM LIFE FITNESS人形町店

http://plf.s-databank.com/

 

またレンタルジム専用のサイトもあります。

うちの店舗も掲載させてもらってますが、下記のサイトは掲載店舗数も多く、サイトも使いやすく非常におすすめです。

 

●THE PERSON

https://www.the-person.com/

  

コストをかけずに集客する方法

 コストをかけない集客方法は考えればたくさん出来てくると思いますが、

ここでは①スタートアップの時だからこそできて、②活躍しているトレーナー程あまりやりたがらない、③トレーニングに興味がある層に効率的にアプローチ出来る

方法を紹介します。

 

それは、既に存在するプラットフォームサイトを活用するという方法です。

具体的には、グルーポン、ルクサ、タイムバンクなどの既に興味があるユーザーが集まるサイトに自身の商品を掲載するという事です。

私が知っている限り、紹介した3つのサイトは掲載料はかからず、報酬も売上の50~70%ですので、少額にはなりますが利益も出す事が可能です。

 

なぜこれがスタートアップにしか出来ないかというと、

この方法は質よりも量を取る戦法です。

よって稼働率がある程度担保できている最初が一番良いということになります。

また、この方法はあまりトレーナーはやりたがりません。

なぜなら、このようなサイトのそもそもの強みは「安さ」にあります。

よって、ある一定水準での単価設定を先方から依頼され、

その分報酬が低くなる傾向にあるのと、「安売りをしたくない」というトレーナーは少なくないからです。

そしてこのようなサイトにはそもそもトレーニングに興味がある人しか来ません。まずは、新規のセッション数も伸ばすといった目標を掲げるのであれば、非常にマッチした戦法です。

 

セッションを増やし、経験値を増やしながら利益も得る事ができ、

そして継続してくれる可能性もあるため、トレーナーとしてこれから頑張りたい

という方は有効に活用すべき集客方法だと思います。

 

 最後に

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

これからトレーナーを目指そうとしている方の後押しに少しでもなっていたら幸いです。